マンションは建物なので何十年も経てば次第に老朽化していきます。そして老朽化が進むと建物としての価値や快適さが失われていくので、建て替えを行う必要性が出てきます。一般的には築30年の物件は建て替えを計画しなくてはいけません。質の高い再生ができれば、安全性、利便性を向上させ、また何十年と利用し続けることができます。特に昔の建物は耐震性やバリアフリーに対する意識が薄いので、そういった時代に対応するためにも必要なことです。

建物再生サポートを受けるなら「丸紅株式会社のマンション建て替え事業」を参考にするといいでしょう(公式WEBサイト→http://www.marubeni-sumai.com/tatekae/)。再生の仕方には2つの方法があり、1つは「一からの建て直し」、もう1つは「修繕」となります。「一からの建て直し」の場合、耐震やバリアフリー対策にもってこいで、「修繕」の場合、劣化部分や設備をピンポイントで生まれ変わらせることができます。

どちらの方法がいいかは50年以上の不動産供給の経験がある丸紅株式会社が提案してくれます。マンションという巨大な集合住宅を建て替える際は意見が分かれやすいので、しっかりとプロフェッショナルのサポートを受けることが大切です。相談はWEBサイトで無料でできます。

Be the first to comment!

Leave a Reply